グランドパレス黒崎ランドマークス[公式]|北九州市小倉北区黒崎 第一交通の新築分譲マンション

グランドパレス黒崎ランドマークス GRAND PALACE KUROSAKI LANDMARKS

HISTORY
imageimage

古くから宿場町として栄えた、
人・モノ・情報の交流拠点。

長崎街道の筑前六宿最大の宿駅として繁栄した黒崎。
現在では北九州市西部の副都心としての役割を担う街。

1600年代より藩内で唯一、上方への渡海船(乗合貨客船)が発着する港を持つ宿場町として整備され、長崎街道の筑前六宿最大の宿駅として繁栄した黒崎。
長崎街道における筑前側の玄関に位置し、九州西半の大名や多くの旅人がこの宿場を利用しました。
江戸時代後半には、東構口から西構口までの約900メートルの町筋には、
これら諸藩の御用達や定宿、藩主の別館としての御茶屋(本陣)や町茶屋(脇本陣)が設けられていました。
また、人馬継所、関番所、郡家、代官所などが完備され、一般の旅籠屋(旅館)や商店も軒を並べていました。
1901年に官営八幡製鐵所が遠賀郡八幡村(現北九州市八幡東区)にて操業開始。
その後、安川電機、日本タール工業(現三菱ケミカル)、黒崎窯業(現黒崎播磨)などの大型工場が立地し、
1935年には黒崎駅前で大規模な区画整理事業が行われ、駅を中心としたヨーロッパ風の放射状の街並みを形成。
戦後、八幡製鐵所や三菱化学等の社宅建設が進みました。現在では北九州市西部の中心繁華街として、市の副都心としての役割を担っています。

imageimage

黒崎の商業エリアはJR黒崎駅を中心に放射状に商店街が広がっています。
商店街は16の通りに分かれており、「下一通り」から「熊手通り」、「なかばし通り」、「藤田銀天街」は江戸時代の長崎街道でした。
服飾の店が連なる「カムズ名店街」、飲食店街の「カムズ一番街」、工芸品の店が多い「熊手銀天街」など商店街ごとにそれぞれに特徴があります。
そして駅前から「岸の浦二丁目」交差点まで伸びるメインストリートが「ふれあい通り」。
1979年に黒崎駅前東地区再開発が竣工し、駅に隣接して黒崎そごう、ジャスコ黒崎店、メイト専門店街が開業。
その後この「ふれあい通り」沿いにも次々に商業施設がオープンし、1989年には交通量の多い国道3号線をまたぐようにペデストリアンデッキが完成。
2001年には「コムシティ」が誕生したことで、黒崎駅周辺は、経済、産業、物流、情報の中核を担う、より近代的な都市へと変貌を遂げました。

  • 八幡製鐵所の様子(撮影日不明) 八幡製鐵所の様子(撮影日不明)
  • 1964年 八幡製鐵所社宅街の様子1964年 八幡製鐵所社宅街の様子

現地周辺の街並み現地周辺航空写真

※掲載の写真は現地付近を撮影(2017年8月)し、CG処理を施したものでイメージです。